2008年05月26日

【衝撃!動画アリ】TBSの元女子アナウンサー自殺

TBSの元女子アナウンサー、川田亜子さんが自殺
5月26日11時16分配信 産経新聞


朝からびっくりです。

辛かったんだろうなぁ。。

色々と頑張りすぎたのかもね?



ご冥福をお祈りします。

動画はこちら




川田亜子さん

 26日朝、東京都港区海岸の路上に止まった乗用車の中で、フリーアナウンサーの川田亜子さん(29)が死亡しているのが見つかった。車内から遺書のようなものが見つかっており、警視庁三田署は自殺を図ったとみて、詳しい死因などを調べる。






 調べでは、車の後部座席に練炭2個が置かれており、川田さんが運転席に横たわっているのを会社員が見つけた。遺書は家族あてで、感謝の言葉をつづった内容とみられる。




 川田さんは、白百合女子大卒業後、平成14年にTBSにアナウンサーとして入社。入社半年後に早朝の報道情報番組のメーンキャスターに起用され、人気アナウンサーとなった。



 19年3月にはTBSを退社。同年4月からフリーとなって、テレビ朝日系の報道情報番組「サタデースクランブル」にキャスターとして出演するなどしていた。





関連動画はこちらから


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080526-00000917-san-soci

posted by aniki at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月16日

ODAに今頃かいっ!!

ODAは どこまで必要??


この財政難の中 世界にお金をばらばくODA

もちろん どうしても必要なところは必要かもしれないが、某国など いらんやろ??



少し考える必要があると思っている国民は多いのに 今頃になって マスゴミが取り上げた


まぁ 大手ではないかもしれないが、切り込んだところは偉いと思うな


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080515-00000001-rec_r-pol





でも、財政赤字なのにどうしてODAするの?
5月16日13時30分配信 R25


政府や政府機関によって支出される国際的な援助が、政府開発援助、いわゆるODA。1991年、日本は金額で世界首位になった。だが2007年は、5位にまで転落。財政再建中の日本、それもいたしかたあるまい、と思う人も多いかもしれないが、実はそんな簡単に済む話ではなさそうなのだ。日本は世界に逆行しているのである。

ODAというと、先進国による開発途上国への一方的な支援のようなイメージがあるが、必ずしもそうではない。日本からの援助は、やがて日本の利益にもつながるからだ。例えば、空港や港湾などが整備されれば、その国への貿易をしやすくなるし、感謝されれば市場の開拓にも取り組みやすくなる。実はもともと冷戦時代に共産主義勢力に対抗するために生まれたともいわれているのがODA。多分に、相手国への“戦略的な”援助の意味合いがあるのだ。

さらにいえば、今世界的な問題となっているテロリズム問題や環境問題にもつながる。貧困をなくすことは、先進国を脅かすテロリズム根絶の有効な手段と考えられているのだ。また、発展途上国を豊かにすることは、先進国にとって課題でもある環境保全も相手国に意識させられる。

もちろん直接的な利益だけでなく、貧困や飢餓の撲滅、乳幼児死亡率の削減や感染症防止などは、地球人として取り組むべき当然のテーマ。そこでアメリカはじめ先進国は、ODAの増額に動いてきた。ところが、日本だけがODA予算を年々縮小。97年のピーク時から、なんと10年間で38%も減少させてしまったのである。もちろん“戦略的な”支援も含めて。

00年まではアフリカの7カ国で最大の援助国だった日本。だが、04年は0カ国。世界的な価格高騰が進む金属資源を豊富に持つアフリカ。世界が支援の目を向けているのはいうまでもない。たしかに財政再建のために予算削減も重要。だが、ODAがその削減の真っ先に来るべきものなのかどうか。よく考えてみる必要がある。




posted by aniki at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月15日

床 竜

<ミステリー>床にくっきり竜の顔が!竜神伝説ゆかりの寺本堂床に


竜の模様が浮かんだ本堂の床 【日本の城】戊辰戦争で傷ついた会津若松城や原爆で焼失する前の広島城など貴重な写真満載



写真を見る


posted by aniki at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2ちゃんねるからGoogleまで インターネットを楽しむ小ネタ 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。